« 2010年1月 | トップページ | 2010年7月 »

2010年2月

トム・フォード「シングル・マン」と中年の鬱

ファッション・デザイナーだからって、タカをくくってはいけない。
映画だって、撮れるのだ!!

という、訳で、なかりよかったです。

そこいらのくだらないハイウッドの映画よりは何百倍もいいです。
テキサス出身のアメリカ人がグッチをあれだけ、引っ張っていっただけでなく、映画をとってもコレですよ〜!すごいなあ。

ただ。

私自身は、こういうディプレッションがテーマの映画はあまり見たくないです。どんよりしたあのミッドエイジ ・クライシスがコワい。
実際、自分の回りにもかなり重度の人がいますしね。

ミッドエイジ ・クライシスとは日本語に訳すと、どうなるのでしょう?
中年鬱病症候群とでも言うのでしょうか?
今まで必死で頑張って来て、気がついたら、自分の人生、これでいいのか?と鬱状態になってしまう、、、、。

トム・フォードがインタビューでこの、ミッドエイジ・クライシスの事を「壁にハシゴをかけて、必死で上まで上っていくと、あれ? 違う壁だった、と気がつくようなもの」と表現してましたが、まさに!!言い当てています!

これはある程度、上まで登り詰めた人だからこそ。。。。という気もします。途中までしか登ってない人は、壁が違うと気がつかないでしょうしね。

しかし、どっちにしても、中年になると大なり小なり皆あるのではないでしょうか? 人によって、ハシゴの高さも違うし、壁の厚ささまざまであるでしょうが、、、。


ウチの夫の場合はどうかというと、ハシゴに上れないくらいバランス感覚がないので、(自転車にも乗れない、泳げないし)=手の届くところまでの壁しか見えない。
なので、ラッキーな事にミッドエイジ・クライシスはないみたいですね。上に行けなくて、ただカニさんのように左右に移動してるだけですから。

私の場合は逆で、ハシゴが多すぎるんですよ。
いろんな壁にたくさんのハシゴをかけて。。。。
そして、それに登ったり降りたりしている間に、ハシゴ自体が丈夫になってしまい、壁なんかどうでもよくなってしまったケース。これまたどうなんでしょう??つまり、ボタンのかけ違いだと気がついても、ボタン自体を増やして、無理矢理つじつまを合わせている状態ですね、、、。

ともかく。。。。人生、何がいいか悪いのかわかりませんが、
中年の皆様!! 
自殺はいかんですヨーーーーーー!!
MAKE LOVE NOT SUICIDE!!

L*

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年1月 | トップページ | 2010年7月 »