おすすめサイト

ファション・ショーの時の口。

あきたさんというカメラマンの方が撮ってくださいました。

この前のショーの時の私の口です。笑える〜
メガホンの中心です。当たり前か!

Me

横から見るとこんなかんじ。
先日のドラムマシンを頭に付けてます。


Me2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ジュリーおよびグループサウンズの想ひ出

ひえ〜、還暦!!すごいなあ。

私の人生の2回目のコスプレはジュリーだったんだよ。
(ちなみに初めての経験はモンキーズ)

当時、グループ・サウンドと言われるバンドブームがあって、2年半くらい?で、トップにいたのがジュリーのいたタイガース!

Tigers


私は小学生でしたけど、このバンド・ブームにかなりはいりこんで、その頃のバンドの名前を全て生徒手帳(これだと授業中に広げてても安心)に書き込んで、暗記していました。そして、バンドの名前のしりとりみたいなゲームを考えだして、クラスのみんなに広め、そしていつも勝っていました。(自分で考えたので勝つのは、当然。)
もちろん、私が知っていたのは当時テレビに出てたバンドだけですけど。
私の住んでた北九州市の門司港はカーナビー・ストリートから一万光年離れてましたから、このナベプロ系由のロンドン・カルチャーくらいでも十分刺激的でした。

長髪(今でいうロン毛)、フリフリな派手な衣装、そして何やら外国の匂いのする音。
タイガースはそれらの何をとっても、そんなにやりすぎてないところが、、
っていうか、まったくエッジがない(けれども質がいい)ところが子供に受けた。それにテレビにも頻繁にでるし、チョコレートの宣伝とかしてるし。
なにやら、悪い人たちじゃないかんじ。正しくって、一流かんじ。
(この「かんじ」というのでしか、子供だったから判断できなかった)


ウチの母は「音がどうのこうの」とか言ってて、モップスとかゴールデン・カップスとかが好きでしたけど、


Toct25339

ウチら(私と妹)は、あんな薄汚い格好をしているヒッピー・バンドにはまったく興味はなく、まったく作り物のタイガース!でした。(つか、音よりも格好で決めていた)
そしてタイガースが長髪という理由で、紅白に出れなかったときは、妹とふたりで抱き合って泣きました。
あんなサラリーマンみたいなブルー・コメッツが出場するのに!!くやし〜〜〜!!って。

E3094

時は過ぎ、、、、(ゆくままに)
大人になって知り合った友達が、タイガース時代からのジュリーのファンだったらしく、いろいろ思い出を話してくれましたけど、彼女の場合はもっとすごいです。
ジュリーがソロになってからの事で、彼女はその頃、熊本で中学生だったらしいのですが、女友達何人かとジュリーの追っかけとなってしまい、子供同士で東京に行ったりして(かなり不良な中学生)、ジュリーのプロダクションに行ってみようと、年をゴマ化して(あ!この頃は、「年上に」です!)何回かナベプロに行き、スタッフの人たちと親しくなったらしいんです。
そうしてるうちに「ジュリーの弟分をデビューさせるから、熊本でコンサートをやってくれないか?」を持ちかけられたられ、「ジュリーのプロダクションの人が言うなら、、」というので、彼女達は張り切って!即オッケー!
(まだ中学生ですよ!!!)

そして熊本にもどり、全員で頑張った!
会場は親に頼んで、地元の公民館みたいなところ!!
看板(垂れ幕!)はお習字!それも、うまい子に書いてもらった!!!
PAは知り合いのお兄さんから質のいい(スピーカーが右と左に別れている、、、でもただの)ステレオ・プレイヤーを借りてきた!!
チケットは学校で売りまくった。(200枚くらい売ったらしい)

そして、なんと!!大成功させたそうです。
そのデビューするジュリーの弟分さんも、ものすごく喜んでくれたそうです。
めでたし、めでたし。。。。。
、、、、、これ、ホントの話ですよ。

さて、この「ジュリーの弟分」とは誰でしょうか????


その歌手の名前は「伊丹サチオ」、、、、、、です。


爆笑→ごめん、知ってる人しか、笑えない。。。。。

L*


464104


| | コメント (1) | トラックバック (0)